薬剤師が年収1,000万円稼ぐ方法とは? おすすめの転職先をご紹介

薬剤師として転職を考える場合、仕事内容、職場環境はもちろん重要ですが、せっかく転職するならば現在の年収より高い職場を選びたいものです。

 

薬剤師として働く職場には病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など様々ありますが、年収1,000万円を得ることは可能なのでしょうか?

結論的には、薬剤師が年収1,000万円を得ることは可能です。

どのような職場、求人が年収1,000万円を可能にするのか早速見ていきましょう。

薬剤師で年収1,000万稼ぐことは可能

年収が1,000万円を超える職業といえば、医師、弁護士、パイロットなどが有名ですが、薬剤師も年収1,000万円稼ぐことが可能です。しかし、薬剤師で年収1,000万円稼ぐことは可能ではあるものの、すべての職場で現実的に可能というわけではありません。どんな職場なら年収1,000万円が可能なのでしょう。

薬剤師が活躍する職場には主に、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。各職場における薬剤師の平均年収はどれくらいなのか職場別に見てみましょう。

職場 平均年収
病院 400~650万円
調剤薬局 450~700万円
ドラッグストア 500~800万円
製薬会社 600~1200万円

病院で働く薬剤師の平均年収

病院薬剤師の平均年収は、400~650万円です。

この結果は、他の職場の薬剤師と比べて一番平均年収が低く、年収1,000万円を目指すのであれば、病院薬剤師への転職は得策とは言えないでしょう。

ただし、「認定薬剤師」「専門薬剤師」など資格を取得して、薬局長などの役職に就くことで年収アップに繋げることはできます。

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は450~700万円です。こちらも年収1,000万円には手が届かない感じです。

しかし、管理薬剤師を経てキャリアアップしてから転職、薬剤師が不足している地域(農村部や離島など)の小中規模薬局への転職であれば、年収1,000万円をかなえることができる可能性があります。

ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収

ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は500~800万円です。ドラッグストアでも年収1,000万円には届かない状況です。

ドラッグストアに転職で年収をアップさせるには、「調剤併設型」のドラッグストアの求人を探すと良いでしょう。

ドラッグストアには、OTCの販売と共に処方箋調剤を受け付けている調剤併設型ドラッグストアがあります。「調剤併設型」では調剤業務に携わることができ、薬剤師手当がついたり、管理薬剤師の役職につける可能性もあり、年収アップに繋がります。

製薬会社で働く薬剤師の平均年収

製薬企業で働く薬剤師の平均年収は600~1,200万円です。年収1,000万円を目指す転職ならば、断然、製薬会社への転職をおすすめします。

製薬会社でキャリアアップをして、外資系の製薬会社へ転職するとさらなる年収アップが期待できます。

さらに、製薬会社でも地方の製薬会社では人手不足であることが多く、高給で求人をしている可能性が高いです。このような求人を探すことも年収アップ策となり得ます。

年収1,000万円を目指して転職をするならば、製薬会社への転職求人を探すのが近道であることがわかります。

現在の職場で年収1,000万円稼ぐためには?

「製薬会社なら年収1,000万円も可能なんだ、よし転職しよう!」とすぐ行動できる人ばかりではないと思います。病院勤務、薬局勤務からいきなり製薬会社への転職は仕事内容が激変するため、結構勇気が必要であったり、様々な事情から勤務地の移動や転勤は難しい人もいるでしょう。

ここでは、現在の職場で年収1,000万円を稼ぐ方法はないかご紹介します。

残業を頑張る

残業を積極的にこなし、残業代プラスで年収1,000万円に近づけることも可能でしょう。

しかし、残業したいといっても経営側があまり残業はしないようにという方針である場合やあまり忙しくない職場では残業ができないということもあるでしょう。

また、月の残業時間に制限があったり、労働基準を超えた残業は行うことはできないので限界はあります。

休日出勤をする

土日のシフトなど休日は皆あまり出勤したくないものです。しかし、休日出勤は手当が割高な場合が多いです。そこで休日出勤を積極的に引き受けて、年収アップに繋げることができます。

さらに、休日出勤を積極的にこなす薬剤師に対して、経営者側の評価も高くなり、給料アップ交渉時のプラスにもなり得ます。

しかし、休日勤務や超過勤務となるため、必然的に休息時間や自分の時間がなくなってしまうことと引き換えの年収アップということになります。精神や体調管理をしっかりしながら行う必要があるでしょう。

実績を作って給与アップの交渉をする

現在の職場の利益になることを積極的に提案し、実績を作ることで、給与アップの交渉をすることもできるでしょう。

交渉時の材料として、経営に貢献した結果を数字にまとめたものや専門薬剤師、研修認定薬剤師などの資格を提示して交渉に挑むとよいでしょう。

副業などダブルワークを行う

現在の職場で働きながら、アルバイトや派遣薬剤師としてダブルワークをして年収アップするというのも方法のひとつでしょう。たとえば、ウィークデーは現在の職場で働き、ウィークエンド(休日)は派遣薬剤師として他の職場で働くなど。

しかし、現職で管理薬剤師をしている場合は、法律で薬局の掛け持ちは禁止されているため一般薬剤師に限り可能な方法ではあります。また就業規則でダブルワークが禁止されている場合もあります。トラブルにならないように、現職の就業規則を事前に確認してから行動しましょう。

この他、在宅でできる副業として、Webサイトを立ち上げ運営する、ライターとして活動する、FX投資で稼ぐなどがあります。在宅副業を行って年収アップに繋げるということも考えることができます。

薬剤師が年収1,000万円稼ぐための具体的な方法

現在の職場で年収アップを試みる方法もあることがわかりましたが、他の方法はないでしょうか?

起業や転職という方法があります。

独立・起業が念頭にある場合

開局資金がある場合、薬局を開局し薬局経営者になれば、年収1,000万円以上が目指せます。

繁盛具合にもよりますが、薬局1~2店舗で年収1,500~2,000万円が見込めると言われています。

しかし、開局したら必ず成功するとは限らないことから、リスキーな選択でもあります。

自身での薬局開局が難しい場合、転職サイトで将来の薬局経営者候補としての就職先を探すことができます。このような求人はとても少ないですが存在します。

また、フランチャイズ展開をしている調剤薬局やドラッグストアに転職をし、経営ノウハウを学びながら将来フランチャイズ契約を行い、独立する方法もあります。

地方の農村部や離島の薬局で働く

求人募集も都市部の薬局よりも、地方の農村部や離島などの薬剤師が不足している地域の薬局の方が高給提示で募集していることが多くあります。引っ越し等に問題がない場合は、このような求人を探すのも年収アップに繋げることができます。

調剤薬局やドラッグストアで管理薬剤師として働く

管理薬剤師は、薬局やドラッグストアの管理責任者として働くため、各種手当が支給されます。そのため年収アップが可能になります。さらに、管理薬剤師の求人は比較的多くあるので転職が実現しやすいです。

ラウンド薬剤師として働く

ラウンド薬剤師とは、複数の店舗を掛け持ちして勤務する薬剤師です。日によって、または週ごとに勤務する店舗が異なるため、先々の店舗での仕事に柔軟に対応する高い適応力が必要になりますが、その分給与面で交渉が可能です。

全国転勤OKで調剤薬局やドラッグストアで働く

全国展開している調剤薬局やドラッグストアなどで、「どこへでも転勤可能」ということで交渉すると、年収がアップする場合があります。

転勤はデメリットと考えられがちな中、全国転勤可能というスタッフは経営側にとって貴重な存在となります。

派遣薬剤師として働く

正職員ではなく派遣薬剤師として働く方法があります。派遣の時給は、正職員の給料を時給計算した場合より高額であることも多々あります。

基本、派遣薬剤師は残業はないため、いくつかの派遣先を掛け持つことも可能でしょう。

派遣薬剤師は交渉次第で時給3,000円以上で働くことも可能です。

ただし、派遣薬剤師を募集するところは忙しい職場が多いということは認識しておく必要があります。

製薬会社に転職する

製薬会社のMR職に転職する方法があります。

一般的に製薬会社のMR職の給料は高くなっています。キャリアを積むことで、年収1,000万円を達することができます。

製薬会社での薬剤師の活躍の場には、研究職、開発職等他にもありますが、年収から考えるとMR職は他の部門に比べて年収が高い傾向にあります。

さらに、キャリアを積んで、外資系製薬会社へ転職を考えることも可能になってきます。

製薬会社やCRO(医薬品開発業務受託機関)でCRA(臨床開発モニター)として働く

製薬会社やCROと呼ばれる企業でCRAとして働く方法があります。

CROとは医薬品開発業務受託機関で製薬会社やベンチャー企業が開発した新薬の臨床試験(治験)業務を代行する企業です。

CRAとは臨床開発モニターという職業で、新薬の臨床試験が正しく行われているかモニターするお仕事です。

CRAの年収は400~1,200万円が相場になっています。

CRC(治験コーディネーター)という職務もありますが、平均年収は、CRAの方がCRCよりも高い傾向にあります。

高収入を目指すなら製薬会社がおすすめ

ここまで、薬剤師が年収1,000万円を可能にする方法についてご紹介してきましたが、薬剤師が年収1,000万円を目指すのであれば、やはり、製薬会社のMRやCRAのお仕事に就くのがおすすめです。

 

調剤薬局やドラッグストアの経営者になれば、年収1,000万円にとどまらず、さらに高みを望むこともできますが、経営に成功すればという条件付きの話になります。開局にはまとまった資金も必要ですし、ハイリスクハイリターンな選択ということになります。

また、病院の薬局長、調剤薬局の管理薬剤師やドラッグストアのエリア統括マネージャーなど役職に就いて年収1,000万円を実現するという方法もありますが、現実的には狭き門です。

製薬会社のMRやCRAでは役職に就く前でもキャリアを積むことで年収1,000万円に到達することが可能です。さらに、ヘッドハンティングにより更なる高みを目指すこともできます。

 

しかし、製薬会社の好条件求人はすぐ無くなってしまうといわれています。転職サイトに登録してエージェントから紹介してもらうのが良いでしょう。

薬剤師におすすめの転職サイト

薬剤師に特化した転職サイトが数多くあります。

薬剤師におすすめの転職サイトを求人数、コンサルタントの提案力、サポート力からランキング形式でご紹介します。

転職を考えている薬剤師は、いくつかの転職サイトに登録し、常にアンテナを張っておくことをおすすめします。

 

ランキング 転職サイト
第1位 薬キャリ
第2位 マイナビ薬剤師
第3位 ファーマキャリア
第4位 ファルマスタッフ
第5位 リクナビ薬剤師

第1位 薬キャリ

薬キャリは、エムスリーグループが運営する老舗の医療業界に特化した転職サイトです。

求人数、質ともに定評があります。薬剤師の登録数No.1でもあります。病院、薬局の求人に強いのが特徴です。とてもサポートが迅速であると評判です。

豊富な求人数、交渉力があり、様々な業種の転職先を探す薬剤師におすすめです。

転職を考えている薬剤師なら登録しておきたいサイトです。

第2位 マイナビ薬剤師

毎日新聞社が母体のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループは転職業界大手で、全国を網羅する豊富な求人数、企業求人に強いこと、そしてサポート力が人気です。

面接がしっかり行われるため、色々相談しながら安心して転職活動ができます。こちらも登録しておきたいサイトです。

第3位 ファーマキャリア

ファーマキャリアは、あなたの希望に合わせてコンサルタントが好条件求人を提案してくれるオーダーメイドな転職サイトです。

サポート力に定評のあるサイトです。

ひとりひとりのリクエストに答える求人を紹介してくれるため、満足度の高い転職が期待できます。

第4位 ファルマスタッフ

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営するファルマスタッフは、薬剤師に特化した人材派遣、紹介サイトです。

調剤薬局への求人と派遣求人の数は業界No.1です。

調剤薬局への転職を希望する薬剤師は登録しておきたいサイトです。

第5位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、大手リクルートグループが運営する薬剤師専門求人情報サイトです。

求人数の規模も大きく、多くの転職実績があります。

優秀なコンサルタントがいるのが強みです。

ドラッグストアの求人や高収入求人案件が多いのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です