薬剤師の仕事はつまらない?やりがいを持ち現状を変える方法

薬剤師の仕事はつまらない?やりがいを持ち現状を変える方法

薬剤師という仕事を、みなさんは魅力的仕事だというとらえ方をしているでしょうか。実際に、薬剤師の仕事をしている人たちの中から、薬剤師という仕事が大変つまらない、薬剤師なんて仕事はやるものではない……という意見も聞こえて来ます。

これから、薬剤師になろうと思っている人たちもとても気になる問題ですよね。今回、薬剤師のお仕事がつまらないと言われている原因を究明します。原因を究明し、お仕事が楽しいと思える、薬剤師にやりがいを持つことができるための克服方法について考えてみましょう。

なぜ薬剤師の仕事がつまらなく感じるのか?

晴れて薬剤師の仕事についたものの、なんだか仕事がつまらない……という方々が比較的多くいるようです。もちろん長くそのお仕事をする以上、そのお仕事に対してやりがいをもって向きあっていただきたいものです。まずは、原因を探り、対策についても考えてみましょう。薬剤師の方々がお仕事がつまらないと思うのは、以下の理由からのようです。

調剤薬局はルーティーンワーク

薬剤師が勤務する場所には、調剤薬局があります。そこでは、薬剤師たちがやりがいを持ち、一生懸命仕事に励んでいるかに見えますが、仕事がマニュアル化しているようなものに対しては、いつも同じ繰り返しでなかなか仕事のモチベーションもアップさせることができません。薬剤師の方々は、ルールティーンワークに対して不満を言っている方々がとても多いようですね。

調剤薬局での業務といえば、まず、処方箋のチェックをします。そして、調剤することが仕事です。そして、いらっしゃった患者さんに対して服薬の指導をすることも薬剤師の仕事です。しかし、調剤薬局でのお仕事といえばここ止まりで、ここまでの過程をいつまでも繰り返しているだけです。薬剤師としてお仕事をはじめた頃には、何もかも新しい緊張の連続なのかもしれませんが、段々とそうではなくなってしまうことでしょう。仕事はすぐにマンネリ化してしまって、薬剤師の仕事はつまらないとついつい悲鳴をあげてしまうのかもしれません。

もともと、医薬品業界に対して規制の業界という言われ方もしています。薬剤師のお仕事は、薬事法というものが存在しているから、他の仕事よりも、厳密に管理されている場所なので、なかなか融通が効かないという声もあります。薬剤師が調剤のお仕事と向きあえば、ただただルールに従うのみ、他に自分のやりがいを求めてもそれが評価されることはありません。

ミスしないことが、有能な薬剤師なのです。
普通の企業で、ミスしないことが有能な社員だと言われれば、どのようなサラリーマンも攻めの姿勢には出ないで、守りの姿勢に入ってしまうでしょう。薬剤師の方々は、全員、守りの姿勢でいいと言われているのです。それは、それぞれの薬剤師の個性というものもクローズアップされることはありません。

そして、必要事項を患者さんに伝える、その繰り返しです。様々な患者さんと向きあうという意味では仕事に起伏もあるのかもしれませんが、患者さんと話しするべきことは、必要事項に対してです。患者さんに対して、それぞれの薬剤師の方々が会話を工夫するということはありません。
薬剤師というお仕事は、そもそもクリエイティブなお仕事ではないのです。マーケットを分析して薬剤師が、新しいサービスを提供するということもありません。そのようなものはなしで、日々、コツコツ同じ仕事を繰り返すだけです。

薬を処方するのは医師であり自分ではない

薬剤師は、医薬品を処方する立場の人間ではありません。医師は、薬剤師とは違い、患者さんと向きあい患者さんの病気を治療するためにはどうすればいいか思考する必要がありますが、薬剤師には、そのような思考の権限も与えられていないのです。

医薬品を処方しているのは医師の方であり、薬剤師は、処方箋に従って、調剤するだの仕事です。薬剤師が薬全部に関わっているお仕事をしていると思ったらそれは大きな誤解です。薬剤師がかかわっているのは、薬のごくごく一部分、端っこの部分と言っていいでしょう。

これとこれの薬を組み合わせれば、きっと患者さんの症状はもっとよくなるだろう……、そんな思いをいつも持つことができれば、もっともっとお仕事に対してやりがいはキープすることができるでしょう。しかし、指示された薬を棚から出して、袋に入れる作業だけです。

薬剤師の方々は、患者さんに対して、ここで一応服薬指導というものをアドバイザーとしているのですが、そもそもこれも考えてみればおかしな話しです。なぜなら、自分自身で処方したものではありませんので、ぶっちゃけ患者さんから薬の効果がない……と言われても、何をどうしていいかわからないですし、自分自身には責任はないとつい思ってしまうでしょう。

服薬指導というものの、結局はわからない
ことはわからないので、薬に対して追求されれば、詳しいことは、医師に相談してみてくださいとしか言いようがないのです。

薬のクレームが薬剤師にくる

結構、薬剤師の説明が納得できないと腹をたてて怒り出す患者さんもいるようです。しかし、そんなこと言われても、それ以上する方法がないので仕方ないですよね。であれば、薬剤師はただ、暗黙で患者さんに薬を手渡しすればいいのかもしれません。

逆に何か薬剤師が言うから、医師と言っていることが同じとか言う
文句が出てきてしまうのです。患者さんも、一度医師としたやりとりを二度、薬剤師とする必要はないと思っているでしょう。

ただし、薬剤師のやりとりを擁護すれば、薬は、患者さんに対して、二度も三度も注意すべきことは伝えなければならないものだと思います。繰り返しすっぱくなる程言うことで、患者さんが服薬のルールを守らなければならないという認識を持つこともありますし。

繰り返すことは、とても大事なことです。しかし、お仕事のやりがいとしてはどんな感じ
なのでしょうか。

権限はほぼ全て医師にある

権限というものは、医師側にあると言って言いすぎではありません。ですから、薬剤師ひとりの立場ではどうすることも出来ないのです。しかし、患者さんはそのようなことを知らないから、薬剤師の方々がどうにかしてくれるものと思い、さんざん薬剤師に対してクレームを言ってくることもあります。薬剤師も、非常に迷惑な話しだと思っていることでしょう。

薬剤師にやりがいを感じるには?

でも薬剤師という仕事にやりがいを感じる方法はあるのかもしれません。今度は、薬剤師の明るい未来と向きあってみましょう。薬剤師という仕事をしてみたいという方々も多くいらっしゃいますし、現在しているお仕事に対してはもっともっと自信を持つことができる方法についても模索してみましょう。

学会発表などがある薬局で研究活動

調剤薬局に勤務している薬剤師の方々にも、主張する機会がもっと提供されているといいですよね。実際には、調剤薬局、またドラッグストアでも、研究活動を支援してくれて学会で発表をさせてくれる場を積極的に提供してくれていることがあります。

それは、あなたが薬剤師として、実践したことを発表する場所です。まだまだ、薬剤師に対して、薬剤師の仕事に専念させる方針の会社も多くありますが、通常業務、プラスαの活動を意欲的に行っている薬局もあります。

求人情報でも、薬剤師の求人情報に、学会などで勉強したい方々におすすめなどが掲載されていることがあります。

在宅専門の薬剤師でスキルアップ

また、薬剤師の方々は、在宅でスキルを磨くという方法があります。
在宅での場合は、処方箋に従い調剤するだけでなく、実際に患者さんのお宅へ行っての服薬指導を行います。この場合、医師や看護師と言った人たちと、
しっかりスクラムを組んでチーム医療が提供される必要があります。

在宅専門であれば、お店の中に、クリーンベンチを設置して注射剤の調整をしていることもあります。そのような場所でお仕事をすれば、より専門性が高いお仕事をすることができます。

在宅専門になったからと言って、薬剤師の権限が大きく変わるということではありませんが、仕事内容は大きく変えることができるので、日常生活のマンネリ化は打破することができるのではないでしょうか。

在宅と言っても、施設在宅ではまた一包化だけに依存し、薬局よりも仕事がマンネリ化してしまう可能性があったりするので、在宅薬剤師を目指すにしても高度なスキルを身につけることができるかが決め手です。

地方の中小薬局で働く

また、選択肢には、地方の中小薬局で働く方法があります。地方では、地域に密着して、患者さんとより深く関わることができることもメリットとしてとらえることができます。地方都市では、高齢者の方々が交通機関が発達していない理由より、都市部よりも、在宅医療、訪問看護の需要が高く存在しています。

高齢者の方々が、より薬剤師の方々を信用してくれているため、薬剤師の方々も、期待に
答えなければならない気持ちをきっと持てるようになるのではないでしょうか。

また、地方の薬局でお仕事をすれば、都市部では考えられないような好待遇ということがあります。地方の薬局の年収は基本的に600万以上とも言われています。つまり、お金を大きく稼ぐことができれば、薬剤師の方々は、それもやりがいとすることができるのではないでしょうか。

漢方薬局で専門性を高める

薬剤師の方々は、漢方薬局に勤務することに強みがあるのかもしれません。漢方薬局と言うものの、漢方クリニックがありその横に存在しているようなものなら、調剤だけするマンネリ化してしまう漢方薬局に留まってしまうかもしれません。

選択肢は、薬剤師の方々が主体になることができて、患者さんに対して、オリジナルの漢方薬を提供することができる漢方薬局です。

調剤薬局では、取り扱っている漢方エキス剤の種類も少なめで、処方はやっぱりパターン化しているものですが、漢方薬局では、煎じ薬も取り扱い種類が多いため、より専門性が求められることになります。

現在、一般的西洋医学に依存して来たものの、副作用が出てきてあきらめてしまった人たちなどが漢方薬に依存するケースが増えています。漢方薬局では、薬剤師が、そのような患者さんと向きあい、直接カウンセリングして、薬剤師の判断で、漢方薬を決定するので、より患者さんとも親密な関係を持つことができます。

薬剤師で自分の目標を達成する

薬剤師以外の仕事でも、ルールティーンワークというものは存在しているものです。ですから、あなたなり、存在しているルールティーンワークに対して、独自の取り組み方、ルールを決めることによって、やりがいは簡単に見つけられるかもしれません。

自分自身で、薬剤師の仕事において、達成すべき目標値を定めてみましょう。例えば在宅、漢方と言ったいままで持っていない知識を身につけるというのも目標ですし、できるだけ上の役職を目指したいというのも目標値の設定です。

地域にもっと密に貢献することができる、学校薬剤師になるというのも目標値です。このような目標を意識していない以上、薬剤師のお仕事がつまらないというのは、ごくごく当然のことなのかもしれません。目標を見つけるためには、転職というのもやむを得ないことなのかもしれないですよね。

薬剤師で職場環境や職種を変えて働く

薬剤師の方々が、やりがいを見つけるためには、職場環境や職種を変えて働くというのは選択肢のひとつです
。調剤薬局でお仕事をする選択肢だけでなく、まだあなたには、製薬会社で仕事をする選択肢があります。

製薬会社では、医薬品を開発することからスタートし、生産・販売を行っています。医師から処方される医療用
医薬品だけでなく、薬局、ドラッグストアで販売している、一般用医薬品(OTC医薬品)も扱います。また、医薬品だけでなく、食品、化粧品に対して意欲を見せている製薬会社も見つけることができます。

「研究職」では、研究所内での実験がメインで、医薬品の候補となりうるものを見つけだして
いく基礎研究が行われ、かつ安全性を動物など使用して確認します。

「開発職」では、医薬品と実用化させるため、臨床試験を行います。また、新薬の承認申請書の製作にも関わっていきます。

また、「治験職」では、病院などの施設に依頼をして、医薬品の効果、安全性を確認する治験に関してのお仕事です。

「薬事職」では、新医薬品の承認申請のため、関係機関や社内部署との折衝をおこないます。

医薬品のクオリティー、有効性、安全性の書類の最終的確認、提出される機関からの質問、要望と言ったものに対応するのも仕事です。

「学術職」では、医薬品の情報を扱います。競合医薬品の情報を集めたり、MRの情報提供のサポートなども行います。

「MR」とは医薬情報担当者(Medical Representative)のことです。製薬会社の営業マンとして、自社の商品を通じて、 医療現場と、メーカーがつながるお仕事です。

医薬品の副作用や、適性使用に関する情報を、医療従事者に提供し、実際に使用した医薬品に対しての安全性、有効性の情報を集めます。市場後調査は、MR職にとって大事な仕事です。また、医療従事者からの問い合わせに対応するのもMR職のお仕事です。

このような仕事の選択肢によって、よりあなた自身の可能性を見つけることができる機会を増やすことができるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。今回、薬剤師の仕事がつまらないと言われている理由、そして打開策についてお話ししました。

薬剤師というお仕事をすると決めた以上、薬剤師のお仕事の中で、新しいやりがいを見つけていただきたいですね。方法次第では、いろいろ解決の糸口はあるということが理解出来たのではないでしょうか。

例えば、製薬会社の薬剤師は、ハードルはそれ程低くはないのかもしれません。しかし、高みを目指し、ステップアップしていくこと自体が、あなたのやりがいにつながることなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です