薬剤師を辞めたい10個の理由!原因と解決方法とは?

薬剤師の仕事を辞めたい

「薬剤師を辛くて辞めたい」と悩んでいたり、「毎朝起きて仕事に行くのが辛い」なんて思っていませんか?

私は大学を卒業してずっと薬剤師で働いておりますが、何度も辛くて辞めたいなど悩んだことがあります。薬剤師は薬局や病院など狭い世界で働くことが多く、職場環境に大きく左右されます。

同僚の薬剤師の友達も同じく、薬剤師を辞めたいと思って何度も転職を繰り返し結局薬剤師に戻る人は多いと感じます。

 

実は薬剤師を辞めたいと思っていても、職場を変えたいというだけの可能性もあります。せっかく大学を卒業して国家資格を手に入れたのですから、辞めたいと思っても慎重に考えるようにしましょう。

この記事では、薬剤師を辞めたいと思ったときに参考になるよう私の事例を紹介していきます。
辞めたいと思ったときにどうすれば良いか改善方法もお伝していきます。

薬剤師を辞める前にまず考えるべきこと

薬剤師を辞めたいと思ったときに、まずは自分を見つめ直す時間を作るようにしましょう。薬剤師を辞めたいと思っていたのに、実は職場環境を変えるだけで今の不満を解消することができるかもしれません。

薬剤師の一般的な業務は主に下記です。

薬剤師の一般的な業務
  • お薬を調剤する
  • 在庫管理や事務作業
  • 薬学の勉強をし知識をつける
  • 患者さんに投薬する
  • 在宅でお薬の確認をする

これらの薬剤師の業務が嫌になってしまった可能性もあります。どうしても地域に密着したお仕事になるため、人間関係も狭い世界での仕事が多いので環境が嫌になったかもしれません。

 

実際に私たちが転職を考える理由で最も多い理由の1つが、【人間関係】が原因で離職や転職をされている方がほとんどです。薬剤師として培ってきたスキルを、人間関係のせいで捨ててしまうのはとても勿体無いですよね。不安定な気持ちから、薬剤師自体の仕事を嫌になってると勘違いしている可能性もあります。

 

もし薬剤師として辛い、辞めたいと思っているのであれば一度職場環境を新しく変えて働いてみることをお勧めします。ここまで培ってきたキャリアをじっくりと考えるようにしましょう。

 

どうしても薬剤師が辛いなら、薬剤師以外の転職も考えるようにしましょう。
薬剤師は国家資格であり、いつでも現場復帰することができるメリットがあります。薬剤師のまま辞めたい気持ちを持って仕事をするよりも、別の仕事をしてみて自分を試してみるのも選択肢の1つとして持っておくと良いでしょう。

薬剤師を辞めたいと思う理由10選

薬剤師を辞めたい理由

薬剤師を辞めたい理由は、多岐にわたります。私も大学を卒業して薬剤師として働き出したときは、日々の業務や人間関係に疲れて辞めたいと思ったことはたくさんあります。

薬剤師の仕事内容は、特殊なものは少なく似ているため薬剤師を辞めたい理由も皆さん似てきます。今回は一般的によくある薬剤師を辞めたい理由を確認して、原因や改善策を考えてみましょう。

辞めたい原因の改善策を見つけることができれば、辞めたい原因を排除することができるかもしれません。本当に辞めるべきか見直すための、きっかけとしてぜひ参考にしてください。

閉鎖的な空間で世界が狭い

薬剤師が働く職場は、良くも悪くも閉鎖的な空間が多いです。病院や薬局がメインであり、医療従事者には女性の方も数多く働いております。そのため、女性同士のトラブルやいざこざに巻き込まれて人間関係で悩んだりすることが多くなります。

閉鎖的な空間だと、逃げ場もないため一生そこで働かないといけないと思い込んでしまい薬剤師を辞めたくなってしまいます。

医療従事者の方は、優しい人が多く献身的です。そのため思ったことを相手に伝えるよりも、波風を立てないように働く方が多いです。それがストレスになってしまい薬剤師という仕事に疲れてしまう可能性がございます。

閉鎖的な空間が数年続くと、薬剤師が辛く感じてしまうんですよね。もし閉鎖的な空間が嫌なら病院勤務や製薬勤務で環境を変えてみることをお勧めします。

調剤過誤をしてしまった

調剤過誤をしてしまった

薬剤師として働いていると、あってはならない【調剤過誤】をしてしまうことです。

  • 別のお薬を渡してしまった
  • 併用薬を見落としていた
  • お客さんに怒られた

大きな間違いをしてしまったときはショックが大きく薬剤師を辞めたくなりますよね。大きな調剤過誤になってしまうと、刑事的手に責任を追ってしまう可能性が出てきます。

調剤過誤は、個人1人のミスではなく管理体制がずさんだったりと組織的なミスが多いのも事実です。どのように調剤過誤を無くすかなど、仕組みづくりを職場が行って行く必要があります。

薬剤師として転職するときは、管理体制やチェックシステムなどの仕組みが整っているところで働くことも重要です。

労力と収入が見合っていない

薬剤師が辞めたいというほとんどの方が、労働と収入が見合っていないので辞めたいという人が多いです。毎日朝早く夜遅くまで働いているのに、収入が派遣の方が高いなんてざらにあります。労働と収入は自分のモチベーションを下げる原因にもなってしまいます。

2年目になると住民税が引かれたり、業務が増えたのに引かれる税金が多くて収入が減ったなんてパターンもあります。税金は日本に生きている時点で払わなければいけないので、根本的な解決はできません。

残業をして残業手当で収入を元に戻そうとする方もいますが、体調を悪くする原因になったり長くは続きません。残業もなく収入も高収入な職場を探すしか改善する方法はありません。特に薬剤師を辞めて、全く違う職種で働くとなると収入は下がってしまいます。収入面で悩んでいるなら、薬剤師として働くことは覚悟を決めておいた方が良いでしょう。

残業が多く土日出勤

薬剤師として働くと職場によって、残業が多い職場や全くない職場など環境が変わります。もちろん忙しいところの方が給料は高いですが、その分残業や土日出勤などもあり待遇が大きく変わります。残業が多いと、自宅に帰る時間が遅くなってしまうのでプライベートな時間もなくなり薬剤師として働くだけで一生が終わるかもしれない、そんな気持ちになってしまいます。

残業を抑えれば抑えるほど、次は給料も安くなってしまうのでジレンマに突入してしまいます。

 

今後薬剤師として結婚なども考えているのであれば、残業は少なく土日出勤がないところを選ぶと良いでしょう。土日出勤がなれば家族との時間も多く過ごせるようになるため、家族との時間のすれ違いもなくなります。

給料が全然増えない

薬剤師は初年度の年収が高いことで有名な職業であり、大卒からすぐに働くにはとても良い待遇で働くことができます。一方で、薬剤師は給料が上がりにくいという悩みも多くあります。

何故なら薬剤師としてレベルアップしようと思っても、同じ職場にいる限りは仕事量や仕事の内容に変化がなく給料が上がりにくいからです。薬剤師として給料が上がらないなら、職場を辞めてでも給料をあげたいって思う方も世の中には多いでしょう。

 

薬剤師として給料を上げるには、『職場を変更』することで解決することがほとんどです。調剤薬局や病院で勤務していた方は、製薬会社など職場や職種を変更することで給料を上げることができるでしょう。もちろん同じ職場で安定して給与を受け取るという選択も薬剤師なら可能です。ぜひご自身にあったライフプランで職場を決めるようにしましょう。

人間関係が嫌で辞めたい

薬剤師の人間関係が嫌で辞めたい

薬剤師は閉鎖的な空間で働くことが多いので、人間関係に悩まされることが多いです。

職場の人間関係が悪ければ働いていても面白くもなく辞めたいという気持ちが高まってくると思います。もちろん薬剤師の中には、とても優しい人もいるので自分が就職する職場の環境によるものがほとんどです。もし就職前で人間関係に不安なら、一度職場の空気を見に行くのも一つの手です。

職場の人間関係で好きな仕事を奪われることは勿体無いので、慎重に人間関係を判断するようにしましょう。薬剤師の転職エージェントなら事前に職場の雰囲気を伝えてくれたりするので安心して就職することもできます。

サービス残業や休日出勤が強制

薬剤師の仕事は何もお薬を渡すだけではありません。職場以外で仕事をするケースもあります。地域の薬剤師会や、学会での発表など通常ではない業務以外の仕事をこなす必要が出てくることがあります。閉鎖的な環境の分、薬剤師としてのコミュニケーションなどは必要かと思いますが、自分のやりたくない仕事を強制させられるケースもあります。

薬剤師を辞めたいではなく、嫌な仕事が多くなり退職につながるケースが存在します。自分の将来のビジョンややりたいことなどを尊重してくれる職場や上司がいると良いでしょう。

OJTが多く教育体制がない

新入社員の方や中途入社のときに感じやすいことで、OJTや教育体制がなく放置されてしまい嫌になり辞めてしまうことがあります。教育体制がないことで、自分のスキルアップにも繋がらないため将来に対して不安を感じるようになります。

OJTや教育体制については、事前に前もって人事担当者や転職エージェントに聞いておくことをお勧めします。全く聞かずに入社してしまうと、薬剤師自体の仕事が嫌になり辞めたくなってしまうかもしれないです。

上からのプレッシャーや圧力がすごい

薬剤師として働いていると、職場の上司の期待が強く上からのプレッシャーや圧力がすごいことがあります。もちろん仕事をして給料をもらっている以上、仕事をサボったりすることはだめです。しかし、過度にプレッシャーをかけられてしまい、薬剤師としての心が折れてしまう方もいらっしゃいます。

圧力がすごい場合は、話をうまくそらすスキルが必要です。ただ上司などの圧力がすごい=期待されていることでもあるので悪いことばかりではありません。自分は上司に期待をされており目をかけてもらってると思えるようにすると良いでしょう。

プライベートが充実していない

薬剤師として働く以前に、自分自身のプライベートが充実していなければ仕事を思いっきり楽しんでできません。仕事をするときにプライベートの悩みなどがあれば、薬剤師として働く以前に疲れて疲弊してしまいます。

なるべくプライベートの人間関係や悩みなどは整理して、不安な思いなどをなくすように動いていきましょう。

お金が問題で薬剤師をやめることができない

お金が足りずに薬剤師をやめることができない

薬剤師のかたのほとんどは、薬学部に通うために『奨学金』を借りている方も多いでしょう。6年間の奨学金を借りた方で残す返済は、約1,000万円もあるためなかなか転職をすることができない場合が多いです。

就職したあとに、職場を変更したかったり薬剤師を辞めたいとなっても気軽に退職ができないことが多く心身ともに疲弊してしまうことがあります。薬剤師として奨学金を早く返済する必要があるなら、転職で収入を上げるか副業で収入を増やし返済を早める必要があります。

 

転職や副業で収入を増やすためには、【転職エージェント】を活用することがお勧めです。転職エージェントなら現在の収入よりも高い勤務先を紹介してくれるため、転職活動の強い味方になります。月数万円の返済を増やすことができるだけで、完済までの実質的スピードを上げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です